vegiko,ベジコ,湘南,アジアごはん


湘南のお届けアジアごはん Vegiko(ベジコ)

vegiko,ベジコ,湘南,アジアごはん
 

湘南のお届けアジアごはん 
Vegiko(ベジコ)

 
 
  
 

 

 

ココロ踊る美味しさを目指して!

「美味しい」の感動が元気を運ぶ

 
どんなによい食材を使ってもストイックすぎたり、こむずかしい健康志向は好みじゃないのです。食いしん坊なベジコは、「美味しい!」が何にもまして最優先です!
ベジコが信頼している農家さんが心をこめて作ってくれた無農薬の野菜たちは間違いなく美味しいですし、無農薬でなくても地元産の旬の食材も美味しいです。でも、ベジコが目指しているココロ踊りだすような美味しさ(感動)には、見た目の鮮やかさも重要なので、農家さんのところや直売に鮮やかな色の食材がないときには、スーパーに行って、鮮やかな赤や黄色の輸入もののパプリカを買うこともあります。
 
タイ料理、ベトナム料理、台湾料理、インド料理、、、 スパイシーな刺激や、香味野菜のフレッシュな香りでココロ踊ってしまいます。化学調味料や市販のあわせ調味料を使えば、簡単に美味しいアジア料理ができるのですが、こだわった基本調味料とスパイスやハーブを使って手作りした味は、ビックリするほど美味しいです。エスニックを敬遠してきた人や小さなお子さんもベジコのアジアごはんなら喜んで召し上がってくださることもしばしば。
 
和食が世界的にブームだそうです。ベジコももちろん大好きですし、リスペクトしていますので、コツコツと教室にも通っています。素材に対する丁寧な下ごしらえや、しっかり出汁をとることなど、日本料理のいいところも積極的に取り入れていきたいと思っています。
 
「美味しそう!」とワクワクしたり、「美味しい!」と踊りだしたくなったり、そんな感動が元気を運んでくれるはず。召し上がってくださった皆さまのココロとカラダを元気にするお手伝いができたら、こんな幸せなことはありません。
 
 
 

自然のエネルギーにあふれた食材

 
自然のエネルギーにあふれた食材が使いたい。そのため、ベジコのごはんは、信頼できる農家さんが愛情込めて作ってくださったお米を「玄米」で召し上がっていただいています。
また、たっぷり使う「野菜」も、できる限り地元産の無農薬のものを信頼できる農家さんから直接購入しています。
 
お米にしろ野菜にしろ、自然の摂理に逆らわずに愛情かけて育てられた農作物は、味がしっかりして美味しいし、誰がどこでどんな気持ちで育てたのかをわかっているから、そこに注がれた「気」を損なわないように調理しようという気持ちになります。それが、召し上がってくださるお客さまへ自然のエネルギーを伝えることになるのかもしれません。
 
その他、自家製味噌もベジコ自慢の食材です。最高の材料で手間暇かけて仕込み、微生物の働きで美味しくしてもらうのですから、たっぷりの自然のエネルギーをお届けできると思います。
 
玄米について、味噌について、生産者について、もっとお伝えしたいことがあります。詳しくはコチラをご覧ください。
 
 

 
 
アジアごはん,カオマンガイ,玄米ごはん

 
アジアンハーブ,クロック